【FF14】ジェムを使って3時間で錬金のレベル上げ!70から80【5.0】

昨日の記事に引き続き、クラフターのレベリング、錬金術師編です。

材料多くてめんどくさそうなイメージだったのですが、先日の裁縫+彫金より断然早かった!

実際手探りで初めて見ましたが、材料集めから3時間足らずで終わりました。

(FATEのジェム集め時間除く)

私が行った、ギルを使わずサクッと終わらせる錬金のレベリングを紹介!

非常に楽だったので、私が調べてないだけで同じ方法が他でも載ってたらごめんなさい。

まずは前提条件から!

FATEで入手できるジェムの必要量は250もあれば十分です。

ギャザラーのレベルは園芸が76以上、採掘が71以上です。

装備は70の黄貨装備で多分大丈夫だと思います。

私は禁断装備ですがCP100ほど余ってました。

ステ差あまり詳しく知らないのですが、抹茶でも飲んでおけば大丈夫かと。

あとは革70と木工70、彫金70が必要です!

ということで、レベリング開始!

レベル70~74まで

まず、使用するリーブはこちら。

納品物:スミロドンコーデックス

材料

ストーンゴールドエンチャントインク×1 (錬金で作成)

パラースナゲット×2 (彫金で作成)

ホワイトオーク材×1 (木工で作成)

スミロドンレザー×1 (革で作成)

製作数はミーン工芸品のレベル70を使用できるなら15個、使用しないなら18個

材料は未知とかはないので、ジェム使用品以外全部ギャザラーで集まります。

そんなに大量には必要ないので、サクッとギャザラーで取ってきましょう。

(製作手帳とギャザラーの手帳ですぐわかります!)

ジェムを使う材料は以下の通り (内は18個作る場合)

シルクモスの鱗粉 (必要ジェム 1/1個) ×15個 (18個)

スミロドンレザー (必要ジェム 2/1個) × 60個 (72個)

中間素材までの製作は、時間がかかるのですべて作業のみでNQを作ります。

製作経験値はそこまで重要ではないので。

揃ったらスミロドンコーデックスにして大口リーヴの納品をしましょう。

15個(18個)納品で74レベルまで行けると思います。

届かなかったらすみませんが1~2個追加したら行けると思います・・><

余っても結構いい値段ついてるので、1~2個余分に作ってもいいかもしれません!

74になったら、めんどくさいところはほぼ終わったようなものです!



レベル74~80まで

あとは74のリーヴで80まで突っ走ります。

材料もかなり楽なのですぐ集まりますよ!

使うリーヴはこちら

名匠の水薬です。

使用する材料はこちら

製作しながらSS撮ったので余計な文字が・・・

上のSSでは50セット分集めましたが、多分30セット分もあれば足りると思います。

作りすぎて大量に余りました・・・。

材料はこちら (内は30セット時)

高地天然水 ×1 (30個) イルメグで採掘 (75の採掘 採掘71以上)

ヴァンパイアカップのつる ジェムで交換(1/1個) ×2 (60個)

スイートアリッサム ×2 (60個) ラケティカ大森林で(80の草 園芸76以上必要

葛根 ×2 (60個) ギラバニア辺境地帯 (65の草)

この程度だったら一瞬で集まるので取りに行くのがお勧め、30分もあったら十分。

数が少ないので買ってもいいですが、そもそもギルに糸目をつけないなら納品物を買った方が・・・

中間素材とかもないので、集まったらひたすら薬にしてまとめて納品しましょう!

あっという間にカンストですよ!

最後に

錬金ってめんどくさいだろうなーって勝手なイメージを持ってたのですがめちゃめちゃ楽!

ジェムを使うので、戦闘ジョブでFATEをやってレベル上げとかしてたらいいと思います。

というかクラフターやるなら戦闘のサブジョブはFATEで上げましょうってレベル。

各地66回ずつやる必要あるので、ID周回でレベリングとかしてる場合じゃないです…。

というわけで、溜まってたFATEのバイカラージェムを250個ほど使うだけで、材料1からすべて自力で集めても3時間程度で終わりました。

薬を50セットも作らなかったら多分2時間ちょっとで終わってた・・・。

ま、まぁ・・・余った薬は売って金策になるから!!!

(今だけでしょうが、なんと1個9000ギルくらいで、一回の製作数が3個!)

この記事見た人は買わない気がしますがね・・・。

以上、錬金術師のレベリング方法の紹介でした!

次は革を上げる予定ですが、数日はジェム集めも兼ねて戦闘ジョブのレベル上げですかね~。

それではまた!




FF14ブログランキング登録しました。
この記事が良かったらクリック頂けると嬉しいです!

FF14ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする