【FF14】エデン零式 3層 覚醒編攻略 ヒールワークの難所を解説

1~2層から大分空きましたが、零式の攻略記事です。

全体のタイムラインやギミック処理方法については他でいくらでも出てくると思うので、

ここでは主にヒーラー視点での要所解説となります。

今回の零式は、基本的には減ってから次までに回復できればいい、というヒールワークが多いのですが、特に3層と4層(特に4層)には、ちょっと気を抜いて攻撃にGCDを回すと耐えられなくなる場面があるので、そういう場面を重点的にフォローしていく内容です。

一気に3と4書こうと思いましたが書き始めると結構な量になったので分けます。

クリアするためには当然火力が必要ですが、言わば回復ギミックのようなもので、ちょっと欲張って攻撃にGCDを使うと一瞬で崩壊するような場面なので、そういうところはヒールチェックと割り切ってヒーラーの本業にもどりましょう!



覚醒編3層の要所

ポイントは、二手に分かれるときの回復です。

普段の全体範囲はどうにでもなるし相方ヒーラーのフォローもありますが、別れた時は自分で何とかする必要があります!

また、続けて大きなヒールチェックはないので、軽減や回復をしっかりしていれば割と楽そうに見えますが、少し手を抜くと一気にきつくなるので油断をしないように!

大海嘯 1回目

誰か一人に、「正面の味方を吹き飛ばす」デバフが付き、そこから左右に分かれるところです。

大海嘯は長い詠唱があるので、慌てずしっかり軽減を入れましょう。

重要なのは、【必ず吹き飛ばし前にHPを全快しておくこと】です。

ここで回復の手を抜いて攻撃してると、その後の左右に分かれた後がものすごくきつくなります。

その後、二手に分かれて頭割り⇒ダイタルロア(全体範囲)が来ます。

これをそれぞれヒーラーが1人で回復しないといけないので、吹き飛ばし前にしっかりHPを戻しておくことで、別れた後の負担が少しでも減ります。

テンポラリーカレント詠唱終了とほぼ同時に頭割りダメージがくるので、詠唱終了1秒後くらいに発動するように回復魔法の詠唱を開始。

調子にのって攻撃していると、割とすぐにタイダルロアが来るため、ヒーラーが分かれている状況ではフォローも貰えず間に合わなくなります

タイダルロア終了後は、合流してからも全体範囲がありますが、7~8割戻せていれば大丈夫。

どうせタイダルロアの終了後もある程度合流前にHPを戻す必要があるので、頭割りダメージをしっかり回復してから攻撃に移りましょう。

というわけで1連の流れが次のようになります。

「大海嘯」詠唱

⇒バリア(士気・アスヘリ)、軽減(陣・運命の輪)

「大海嘯」着弾

⇒範囲回復(魔法+アビリティ)で全回復

メディカラ・囁き・アスヘリあたりでHOTが入ってる状態が理想

※自分のデバフマーカーに注意、回復に集中してると見落とします。

吹き飛ばし+アンダーシークエイク

⇒HOT10秒程度で戻るHPなら回復不要

そうでなければ迅速+範囲回復orハートオブラプチャー等で出来るだけ散開する前に戻す。

ヒーラーが吹き飛ばしデバフの場合があるので、相方に任せきりにしないこと!!

回復アビリティは二手に分かれた後に使いたいので温存。

どうせ移動で詠唱出来ないのでハートオブラプチャーを入れておくのが一番理想

4人頭割り(テンポラリーカレント1回目詠唱完了と同時着弾)

⇒白(インゲンあると良し) ケアルガ・メディカラ+ラプチャー(アサイズ)

占(ニュートラルあると良し) ホロスコープ+アスヘリ+星天対抗orアーサリー(即時でも)

学 陣+秘訣士気+不屈(応急士気等)

バリア込みで最低75%くらいまでは戻して、減ってたらタンクの回復をする。

次の全体範囲でまた回復が必要なので、出来れば全快付近まで。

※ケアルガは後ろに回避スタートだと回復より早く近接が前に出る可能性があるので注意

インゲン+メディカラ+ラプチャー(アサイズ)あたりが安定

タイダルロア(全体範囲攻撃)

着弾後は先にタンクのHPを確認!

リップカレントがくるので、タンクのバフ等が薄い状態で全体回復を優先してると、

タンクが落ちる可能性があります。

タンクのHPが戻っていれば、他の味方も7割↑(バリア込み)になるように範囲回復

リップカレント(タンク強攻撃)

⇒特に何も考えず、アビでもGCDでもいいのでタンク回復

2回目テンポラリーカレント⇒合流⇒タイダルロア

⇒合流後のタイダルロアで終了。

HPがきっちり7割しかない場合は陣・運命の輪あたりがあると安心。

その後しばらく殴りタイムなので、+アサイラムでゆっくりHOTで戻せます。

大海嘯2回目

DPSが大変なギミックですが、ここもしっかり回復を意識していないと簡単に落ちます。

まず、大海嘯自体のダメージをしっかり軽減+回復すること。

途中の頭割りにタンクが入るのが主流なのでかなり楽にはなっていますが、前に行ったり飛ばされたりと移動が多いので、大海嘯の大ダメージを受けた時点ですぐにHPを全快させます。

タンクが入って半分、タンクが入らなかったら2/3は持っていかれます。

タンクが入らなかった場合、軽減+バリアが2~3個入ってないと死ねます。

大海嘯⇒前に移動して後ろに吹き飛ばし⇒左右に分かれて頭割り なので、移動が多くあまり時間がありません。

大海嘯ダメージ着弾後に打てるのはおそらく1GCDで、移動前なのでケアルガは難しいです。

着弾タイミングが分かっていれば差し込み気味にケアルガが良いです。

ヒーラー二人でメディカラ・アスペクトヘリオス・士気など1GCDずつ、足りなければアビでしっかり戻しましょう。

吹き飛ばし後は迅速魔でバリア+吹き飛ばしダメージの戻し。

吹き飛ばしから頭割りの一連の流れは、立ち止まって詠唱する時間が無いので、大海嘯のダメージをどれだけしっかり戻せているか+バリアが張れているかがキーポイントです!

頭割りが終わったら一安心なので、タンクのHPを優先して戻してから全体のHPを戻しましょう。

散開からブラックスモーカーまで

零式3層のヒールワークで最大の難所です。

二手に分かれてからのダメージがかなり大きいところです。

真ん中にAOEを捨てて左前方と右前方に分かれてタンク以外の3:3で頭割りをするところから始まります。(タンクにはフレアマーカー)

ポイント①

苛烈なる波動で集合してる時点でバリアヒラは士気・アスペクトヘリオス(ノクタ占)などで全員にバリアを張っておく。

3:3の頭割りが痛いので、事前にバリアを張っておくことで後が少しでも楽になります。

頭割りは軽減なしで9割近く持っていかれます。

ポイント②

頭割りダメージは出来る限り早く戻しタンクの回復にとりかかる。

落としがちなのがタンクとブラックスモーカーの誘導係。

とにかく、頭割り後に急いで自分側の味方HPを戻しましょう。

ただし、ケアルガを使用した場合はタンクに回復が届いてないので要注意。

タンクのHPをしっかり見ておくこと

DPS/ヒーラーは頭割り後にHPが全快してればある程度持ちます。

誘導係のレンジとキャスターのHPについては、水玉を落とし始めた後に範囲回復でも単体回復でもいいので一発入れれば大丈夫。

攻略初期の場合、一発回復を入れておかないと下手したら誘導係のHPが足りません。

レンジについては内丹を使用することで安定すると思われますが、キャスター側は注意しましょう。

とにかく、ここで一番ヒール不足になっているのがタンクです。

タンクはHPが減ってきたら無敵技の決め打ち場面でもいいかもしれません。

ただし、ナイトなら問題ないですが、ガンブレ・暗黒・戦士の無敵技はHPが無くなり、戻しの回復が必要になるので注意!

白+バリアであれば、バリアヒラ側にナイトを置けばインビンは戻し不要なので楽。

暗黒・ガンブレ・戦士の無敵は白側で使えばベネディクションがあるので楽。

白及びナイトが居ない場合は、無敵を切らなくても済むくらいタンクのHPには注意しましょう。

白はベネフィクション・ハートオブソラス(ケアルラ)

占星はシナストリー+ベネフィク or ディグニティ※

学者は鼓舞+深謀・活性※

この辺りをタンクにしっかり飛ばしておきましょう。

※ディグニティ・活性は最低1残しておくと誘導係のHP回復に便利なので

使い切らないようにタンクにはGCD回復をしっかり使う方がいいと思います。

水玉処理で細かく移動するので詠唱が難しい場面です。

欲張って攻撃を挟んだ瞬間壊滅しやすいシーンなので、しっかり回復優先で。

「苛烈なる波動」

⇒全体にバリア(士気等)

「ヒラDPS3人頭割り+タンクフレア」

⇒ インゲン+ラプチャー/ケアルガ/メディカラ等

ホロスコープ+アスヘリ(ニュートラルセクトがあると尚良し)等

陣+士気+必要に応じて応急士気や不屈囁き等

ブラックスモーカーの線が消えるまでにDPSとヒーラーのHPを戻す!

戻せたら水玉出るまでタンクの回復をしておく!

このフェーズで落としやすいのがタンクと誘導係

「水玉4連」(近接⇒ヒラ⇒近接⇒遠隔)

⇒(近接水玉踏み)タンクの回復1GCD

⇒(ヒラ水玉踏み)タンクの回復1GCD

⇒(内側へ戻る+近接水玉)誘導役に回復1GCD、範囲回復でも可

⇒(遠隔水玉)攻撃or回復1GCD

水玉4連終了後、全体範囲が来るので、最低7割くらいまではHPを戻して終わり。

(バリア込みで7割くらいあれば耐えます)

水玉開始前にタンクのHPを全快・遠隔回復用のアビ温存、これらが事前に出来ていれば攻撃に

GCDを回すことが出来ます。(これでもタンクのHPは要注意!!)

沈溺の波動(最終フェーズ・連続タイダルレンジ)

強攻撃が続きますが、そこまで間隔が短いわけではないので、余ったアビリティをフルに使いながら、足りない分は詠唱をしっかりして着弾前にHP満タン+バリア状態くらいにします。

軽減もしっかり吐きましょう。

時間切れ目前ですが、焦って攻撃ばかりして戻しやバリアがおろそかになると死ねるので、焦らずしっかりHPを戻してから攻撃すること!!

最後のフェーズなので一応書いてみましたが、一発が痛いだけで全然難しくないのでこれくらい。

最後に

先日、ヒーラーの火力についての記事を書きましたが、大事な場面では回復を最優先にすることがクリアには不可欠です。

攻略記事なのでオーバーヒール気味で解説してますが(特にIL上がってきたら)、回復チェックポイントで火力を出そうとすると全滅フラグです。

相当ヒールワークが固まってない限りは、難しいポイントについては攻撃を捨てる気分で動いても、他の時間に攻撃を頑張れば十分クリアDPSは出ます。

消化になったとたんにDPS出したくて、ヒールが難しいところも攻撃してしまい、回復間に合わずに全滅してクリアできないなんてことも良くありますので気を付けましょう!




FF14ブログランキング登録しました。
この記事が良かったらクリック頂けると嬉しいです!

FF14ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    自分の回し方になりますが
    大海嘯1回目は断絶吹き飛ばしに合わせてイルミネ、吹き飛ばされつつ迅速秘策士気。
    頭割りの戻しに応急士気+ブレッシング、ロアで士気+不屈+囁き。
    スモーカーは誘導に鼓舞、タンクに深謀パクトで場合によって活性で今のところ安定してます。

    後はどうでもいいことですが、足場破壊はアースシェイカーではなくアンダーシークエイクですね。

    • marice より:

      コメントありがとうございます!

      バリアヒラはお手伝いとかでやるくらいで若干ニワカなので専門っぽい補足大変参考になります!

      アースシェイカーは完全誤記ですね、修正しておきます。
      エデンにアースシェイカーなんてどこにも出てこない・・・。